フクシア

初めてのフクシア

このフクシアも、しゃくなげの湯のすぐ隣「農林産物が並ぶ直売所(南郷市場)」で売られていました。

暑さに弱く夏越しの難しい植物ですが思い切って買ってきました。

今から夏の暑さ対策を考えています。

栽培のポイントは、
・季節によって置き場所を移動させたいので鉢植えが良い

・春…日当たりと風通しのよい屋外で管理。
・夏…風通しのよい半日陰。株元をヤシ殻やワラで覆い、地面から熱が上がるのを防ぐ。
・秋…再び、日当たりの良い場所へ。
・冬…霜が降りる前には室内に取り込み、日のよく当たる窓辺などで管理。

・肥料…生育期の4~6月と9~10月の間、緩効性化成肥料を置く。

・病気…灰色かび病

・害虫…コナジラミ、ハダニ

・さし木…若い茎の部分を切って、赤玉土小粒とパーライト等量の用土にさします。5月が最適。

・切り戻し…梅雨時期に、草丈の半分程度に葉を数節残して切り戻し。風通しがよくなるとともに、夏に過度の蒸散が抑えらる。

フクシア
エケベリア

初めてのエケベリア

群馬県沼田市にあるしゃくなげの湯。そのすぐ隣の「農林産物が並ぶ直売所(南郷市場)」で売られていました。

見た目がかわいくて、何の植物か分からずに買ってきました。

見た目の「多肉植物 蓮の花」で検索したらエケベリアが表示され、これだと思いました。蓮の花ではなくバラの花でした。なるほど…

調べてみると、エケベリアの特徴は、
・新しい葉が真ん中から出て、外側に向かってロゼット状に葉をつけること(ロゼット状とはバラの花のようなという意味)
・冬に紅葉する
・花も咲く

そして、栽培のポイントは、
・春秋は生育期
・真夏以外はしっかり日に当ててよく光合成させ、水やりをしすぎない、肥料をやりすぎない
・葉の間に水がたまると腐りやすい
・夏冬は休眠
・真夏は涼しい場所に置く
・真冬の気温低下や霜が降りる場合は明るい室内へ

エケベリア