今日、思ったこと。

以前、緊急事態宣言は何のために出しているのだろうかと疑問でした。

「最後の手」なのだからそんなに宣言を使ったら、この先、これ以上になった時、もう「最後の手」が使えなくなってしまうと思っていました。

最近は、本当に「最後の手」なんだと感じています。

コロナ感染が拡がっていたら、先ずは、都道府県独自の対策をしなければならない。

独自の対策でダメなら、次は、まん延防止等重点措置を出さなければならない。

それでもダメなら、緊急事態宣言。これを出した後は、世間が納得する感染者数になるまで、宣言を延長すればいいだけのこと。

休業や時短営業の要請をして、要請に応じた事業主から協力金を申請してもらい、申請されたものは事務的に処理していく。

感染者が減らないのは、要請に応じていただけないからと、言い訳もできる。

つまり、「お手上げ」ということなんだと思います。

1年が経ってみて、コロナウイルスは封じ込めるウイルスではないし、コロナウイルスが直接の原因で亡くなる人の数は少ないので、国にワクチン以外の感染防止対策を求めず、健康的に暮らすしかないのだと思います。

 

東京五輪の開催が近づいています。私は、五輪自体に興味はありません。見たい競技があったら見るだけです。

東京は「平和に貢献する大会」「世界一コンパクトな五輪」を掲げ五輪を招致しました。しかし、その後の都知事の交代、森元首相の組織委会長就任、16年リオ五輪閉会式の「安倍マリオ」の登場など、東京五輪は政治利用されて行きました。五輪会場は北海道にまで広がり、東日本大震災からの復興も消えてしまいました。

とは言え、招致をして手に入れた東京五輪。反対だ、中止だと言っていてもどうにもなりません。日本は開催国として準備をするだけです。もし、海外からの選手団や各スポーツ連盟などが不参加を表明したら、それも物凄い数の国が不参加となったら、開催する意味がなくなるので中止になるでしょう。あとは、大きな自然災害が起きたら五輪どころではなくなりますが、それは誰も望まないでしょう。

今朝も、「東京オリンピックの事前合宿のため、オーストラリアの女子ソフトボールの選手団が、来月上旬からホストタウンになっている群馬県太田市に滞在する方向で最終調整が行われている」と、ニュースがありました。市によると、「選手やスタッフを含め30人程度の規模で、新型コロナウイルスのワクチンを接種してから来日する。感染防止策として、滞在中は毎日検査を実施する予定。行動範囲は宿泊先と練習会場に制限される」とのことです。

開催期間中も「一般人と動線を分け、感染対策をきっちりやる」としているのですから、信じるしかないと思います。

 

どうやったら開催できるのか、知恵を出し合い協力し合うこと、学校の授業でもあると思うのですが…

でも、結局は、声の大きい人の意見に左右されてしまうのかな。

総理からの熱いメッセージを求める人がいますが、私は、綺麗ごとも、情熱的なメッセージもいらないです。たんたんと仕事をしてくれればいいと思います。

 

オリンピックがどんな形であれ開催されたとき、テレビ・新聞はどう扱うのだろうか…?

感染爆発したら、失敗だ、それ見たことかと批判を繰り返すのだろう。

大事なく終わったら、感動したと称賛するのだろうか。

オリンピック・パラリンピックが終わる頃からまた体調不良が増え、検査をすると陽性者となり、濃厚接触者を調べて隔離して、変異型が見つかって、やっぱりオリパラが原因でコロナ感染が…となるのだろう。