緊急事態宣言は何のため?

菅首相は2月26日、新型コロナウイルス対策として10都府県に発出している緊急事態宣言について、大阪・京都・兵庫・愛知・岐阜・福岡の6府県は2月末で解除することを表明しました。

一方、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県については期限である3月7日の解除を目指していましたが、菅首相は3日、2週間程度延長する考えであることを示しました。

 

緊急事態宣言は何のために出されたのでしょうか。

テレビ出演している感染症が専門の医師・専門家は「医療体制がひっ迫しているから、何か手を打たなければならない。でないと医療が崩壊して命を助けられない」とずっと言っています。そう言って一年が経ちます。昨年の4月も、今年の1月も、緊急事態宣言中、医師会が積極的に何か医療体制を変えたのでしょうか。

コロナ対応をしている医療機関に医療従事者を派遣するなど、医師会の仕事はそこじゃないのか。毎日命と向き合っている医師ならば、覚悟を持って患者を診ればいい。感染が怖い医療従事者はやめればいい。「新型コロナウイルスに罹っても大丈夫、私たちが診ます」と言ってくれることはないのでしょうね。

このままでは、何度も同じことの繰り返しです。

 

安倍さんの「高齢者を守るため。医療崩壊を防ぐため」と言って始まった昨年4月の緊急事態宣言。当時は未知のウイルスだった新型コロナウイルスですが、1年経ってわかってきたことは「ややこしくて厄介な新しい風邪」だということ。変異しやすく広がりやすいウイルスだけど致死性が高いわけではない。

新型コロナの恐怖は、事実でないことを憶測であれこれ垂れ流したテレビ、マスコミ、感染症専門家と言っている人が植え付けたものです。批判とお節介な親切心で不安を煽ったことによる災害です。

新型コロナばかりを特別扱いしていると、子供たちの成長や若い人の精神が病んでしまいます。

子供や若い人の一年と高齢者の一年は重みが違います。子供や若い人のことを考えた政策、社会であってほしいと思います。