終息?収束?

気が付くとヒガンバナが咲いていました。草むらから虫の声も聴こえています。もうそんな季節なんですね。新型コロナウイルスが流行してから毎日毎日、新型コロナ関連のことばかりで季節感がなくなっていました。

新型コロナウイルスの「終息」と言っている人がいますが、私はコロナウイルスの感染は完全に終わるとは思っていません。ワクチン接種が進み治療薬が開発され、予防・軽症化できてもウイルスの完全制圧は無理です。ウイルスが完全に無くなることはありません。

ですが、世界的に混乱している今の状況は早く収束してほしいと思います。

保育や介護の現場など接触が避けられない場所があります。学校、職場など集団で過ごさなくてなならない場所もあります。働く人も色々な事情があります。

幸い、20代・10代・10歳未満の死亡・重症者はかなり少ないです。毎年のインフルエンザや肺炎で入院が必要になる若者・子どももいますから、そう思うと新型コロナが特別なウイルスではないと思います。

学校活動の制限をいつまで続けるのか、自分たちで考えなくてはならない時期だと思います。

※イラストはイラストACからお借りしました